ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 新規取引の依頼

依頼の文例 ~新規取引の依頼~

依頼のメールは、相手に頼みごとを了解してもらい、お互いの利益につなげるためのものです。依頼の内容や希望をできるだけ具体的に示し、お互いのメリットになることをアピールしましょう。

  • 面識のない相手には、特にていねいな表現をこころがける
  • メールだけで取引に至ることはめったにありません。新規取引のきっかけとなるようにします

依頼のお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

依頼の文例一覧

新規取引の依頼(4)

新規取引の依頼(1)

件名:新規取引のお願い
○○○株式会社
販売促進部 御中

はじめてメールを差し上げます。
私、山田商事、営業部の山田太郎と申します。

突然のことですが、記者のホームページを拝見し、
貴社との新規取引を希望しています。

弊社は、四国圏を中心に業務展開しております
大証2部上場のホームセンターです。
四国地方を中心に40店舗を運営していますが、
関西圏においても新規店舗を準備しおります。

つきましては、ぜひともお取引を願いたいと存じます。
弊社の事業内容についての資料を別送いたしますので、
ご検討いただければ幸甚に存じます。

まずは、メールにてお願い申し上げます。

追伸:別途資料
1.会社経歴書
2.営業案内書
3.店舗パンフレット

以上
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

新規取引の依頼(2)

件名:新規取引のお願い
○○○株式会社
販売促進部 御中

はじめてメールを差し上げます。
私、山田商事、営業部の山田太郎と申します。

弊社は、書籍・雑誌・広告などのDTPによるデザイン・レイアウトを中心に、
企画・編集・執筆などを主な業務としている編集プロダクションです。
貴社のHPを拝見し、ぜひアウトソーシング先として弊社をご活用賜りたく、
メールを差し上げた次第です。

弊社は設立してまだ3年あまり、スタッフも10人ばかりの小さな会社ですが、
それぞれフリーでの長い活動経験をもち、
ビジネス、マネー関係から旅行、ショップ情報まで、
守備範囲の幅広さを自負しております。
また、各分野において数多くの外部スタッフとネットワークを築いておりますので、
大量の業務にも対応可能です。

ご多用中のところ恐縮ですが、
一度弊社業務の詳細についてご説明させていただければと存じます。
貴社のご都合に合わせてお伺いいたしますので、ご一報いただければ幸甚です。
なお、弊社の実績につきましては下記HPをご高覧ください。
URL: http://www.×××.urban-pro.co.jp/

以上
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

新規取引の依頼(3)

件名:新規取引について
○○○株式会社
販売促進部 御中

突然メールを差し上げるご無礼をお許しください。
私、山田商事、営業部の山田太郎と申します。

昨日、××の会合でアケボノ物産の池田部長よりご紹介にあずかり、
名刺を交換させていただいた者でございます。

その席で私どもの○○再生技術についてご紹介した折、
貴職からは一度御社を訪問するようにとのありがたいお言葉をいただきました。
とはいえ、なにぶんにも酒席でのことゆえ、いきなりお電話で来意を告げるのも
失礼かと愚考し、先にメールにてご連絡いたした次第でございます。

後日、あらためてお電話を差し上げますので、その節はよろしく
お願い申し上げます。なお、このメールはどうぞお読み捨てください。

以上
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

新規取引の依頼(4)

件名:新規お取引のお願い
○○○株式会社
販売促進部 御中

私、山田商事、営業部の山田太郎と申します。
貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。

はなはだ不しつけとは存じますが、貴社との新規お取引をお願い申し上げたく、
まずはご連絡させていただました。

弊社は精密電子機器の加工をし、創業30年を迎えます。現在は、
オリジナルの精密測定機器を開発し、製品化に至っております。

貴社が精密測定機器の製品を幅広くお取り扱いなされていることは、
よく存じ上げておりました。
ぜひ弊社製品もお取り扱い品目に加えていただけるよう、
お願い申し上げる次第です。

弊社につきましては、下記URLで会社概要・製品紹介をしております。
お手数ですが、いちどぜひご覧いただけますようお願い申し上げます。
http://www.yamada.co.jp

まずは新規お取引のお願いにつき、よろしくご検討のほどお願い申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP