ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 日程を再調整する(相手先の都合)

日程調整の文例 ~日程を再調整する(相手先の都合)~

日程調整のメールは、情報を箇条書きにし、具体的かつ正確に伝えることでやりとりの手間を省く努力をしましょう。

日程調整のメールのポイントは次のようなものです。

ポイント

  • 打合せがいつまでにどうして必要かを明記すること
  • 候補の日付や時間を明確にしていること
  • 日程や場所を明確にしていること
  • 返信の期限も設定していること

日程調整の文例一覧

日程を再調整する(相手先の都合)

件名:「カタログ制作」打合せ日程の再調整
○○○商事株式会社 営業部
斉藤 和夫様

株式会社 山田商事、購買部の山田太郎です。
平素は格別のご助力をいただき、厚くお礼申し上げます。

ご返信をありがとうございました。

来週はご出張とのこと、再来週で調整いたしました。
・6/10(月)13時以降
・6/11(火)終日
・6/12(水)終日

上記の日程で斉藤様のご都合が悪い場合、
13日の午前中は吉野が同席できませんが、
安藤が出席させていただきます。

ご調整の上、6/3(月)までにお返事をいただけると助かります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 購買部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP