ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

お見舞のお決まりフレーズ・常套句・言い回し

お見舞いのお決まりフレーズ・常套句・言い回し使用した文例はこちら

フレーズ 使用例
お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。
くれぐれもお大事になさってください。 まだまだ寒い日が続きます。くれぐれもお大事になさってください。
お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。
心からお見舞い申しあげます。 地震により被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。
慰めの言葉もありません。 残念な結果には、慰めの言葉もありません。
ご同情に堪えません。 皆様のご心痛を思い、ご同情に堪えません。
~はいかがかとご案じ申し上げます。 大雨による被害が甚大とうかがいました。支店の皆さまはいかがかとご案じ申しあげます。
~はいかがでしょうか。ご案じ申し上げております。 皆様のご様子はいかがでしょうか。ご案じ申し上げております。
おかげんはいかがですか。 体調不良にて休暇をとられているとのことですが、その後おかげんはいかがでしょうか。
~とのことで、大変心配しております。 死傷者も出ているとのことで、大変心配しております。
大変驚いております。 ご病気にて入院と承りまして、大変驚いております。
ただただ驚くばかりです。 突然の悲報に接し、ただただ驚くばかりです。
突然のことに言葉もありません。 突然のことに言葉もありません。心身ともにおつらいところ、お知らせいただき本当にありがとうございます。
突然のことに我が耳を疑うばかりです。 死傷者も出ているとうかがいました。突然のことに我が耳を疑うばかりです。
ご心痛のほどお察しいたします。 ご家族が入院されたとうかがいました。ご心痛のほどお察しいたします。
ご苦労のほど痛いほど分かります。 被害に遭われたとうかがいました。ご苦労のほど痛いほど分かります。
何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 長引く復旧作業で、何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。
お仕事が気にかかることとは存じますが お仕事が気にかかることとは存じますが、この際十分にご静養なさってください。
ご多忙の御身でしょうが ご多忙の御身でしょうが、どうぞ十分にご加療なさいまして、一日も早くご全快なさるよう心からお祈り申しあげております。
ここしばらくは健康回復につとめられ お仕事が気にかかることとは存じますが、ここしばらくは、健康回復につとめられ、一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。
この際十分にご養生に励まれ この際十分にご養生に励まれ、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。
この際十分なご静養をなさるよう願っております。 この際ですから、いままでお休みになれなかった分、十分なご静養をなさるよう願っております。
十分のご加療とご静養で くれぐれも十分のご加療とご静養で、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。
一日も早いご回復をお祈り申しあげます。 ご病状はいかがでしょうか。 一日も早いご回復を、心からお祈りしております。
一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。
一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします。 一日も早くお元気になられ、お顔を拝見できますよう、お祈りしております。
元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。
ご自愛のほどお祈りしております。 何かとご苦労が多いことと存じますが、どうぞご自愛のほどお祈りしております。
ご静養のほどお祈りしております。 気がかりなことも多いかと存じますが、ご静養のほどお祈りしております。
ご養生のほど念じております。 1日も早く回復されますように、ご養生のほど念じております。

お見舞いの言い換えフレーズ

フレーズ 使用例
お見舞い
  • お大事にどうぞ
  • くれぐれもお大事になさってください
  • 心よりお見舞い申し上げます
調子はどうですか
  • おかげんはいかがですか
  • ~とのことで、大変心配しております
  • ~はいかがかとご案じ申し上げております
大変ですね
  • 大変驚いております
  • ご心痛のほどお察しいたします
  • 突然のことに言葉もありません
早く元気になってください
  • 一日も早いご回復をお祈り申し上げます
  • このさい十分なご静養をなさるよう願っております
  • 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします

お見舞いのお決まりフレーズ・常套句・言い回し使用した文例はこちら

↑ PAGE TOP