ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. その他のフレーズ
  3. 時候(季節)のフレーズ

時候(季節)のフレーズ

時候の挨拶とは、季節を表わす言葉を指します。ビジネスメールでは、簡潔に用件だけを伝えるために、時候の挨拶は省略されることが多いようです。

しかし、ある程度やりとりのある親しい間柄や、旧来の手紙のマナーに親しんだ目上の方に対しては、季節や天気の話題がさりげなく一行入っているのは、人間的な温かみを感じさせ、けして悪い印象にはなりません。

文頭に時候の挨拶を入れると冗長な印象を感じる場合は・文末にさりげなく気遣いのフレーズを残しても良いでしょう。

特に受領、確認、感謝の意を伝えるメールなどでは、最後に一言添えてあると、柔らかい印象を残すことができます。

使用例
1月 寒さが厳しい季節ですが/早いもので松の内もあけ
2月 立春とは名ばかりの寒さですが/梅花もほころぶ季節となり
3月 日増しに春めいてまいりましたが/一雨ごとに暖かくなり
4月 春たけなわの今日このごろ/桜花咲きほこる季節となり
5月 若葉が目にしみる今日このころ/風薫る爽やかな季節となり
6月 木々の緑もいよいよ濃くなり/紫陽花が雨に色づく季節となり
7月 ようやく梅雨もあけ/近年にない暑さが続きますが
8月 立秋とは名ばかりの暑さですが/夜空に秋の気配を感じるころ
9月 朝夕めっきり涼しくなりましたが/一雨ごとに秋が深まり
10月 木の葉も色づく季節となりましたが/秋色いよいよ濃くなり
11月 晩秋とも思えぬ小春日和ですが/菊薫る今日このごろ
12月 はや年の瀬となりましたが/歳末こ多忙の折

↑ PAGE TOP