ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール)・フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. メール文書での注意点
  3. TO、CC、BCCの使い分けを理解する

TO、CC、BCCの使い分けを理解する

メールでは、複数の人に同時にメールを送信することができます。メールの送信先には、宛先(TO)とは別にCC(Carbon Copy)とBCC(Blind Carbon Copy)があります。 TO、CC、BCCの使い分けを理解し、メールを送信するようにしましょう。

宛先(To)

メールの本来の送付先アドレスを指定します。

意味は、「あなた宛てのメールです。返事をください」です。基本的に1名を指定します。

CC(Carbon Copy)

本来の送付先ではないが、関係者に対して、参考までに情報を通知する場合などに使います。Toに指定した相手にも、CCに誰が入っているか(誰に送信しているか)が分かります。

従って、受信者相互のアドレスが知れていい場合は「CC」を使用しましょう。

意味は、「念のため、ご覧ください」「共有してください」です。複数の人が関わる仕事の時によく使われます。

BCC(Blind Carbon Copy)

CCと似ていますが、BCCに指定したアドレスは、Toに指定した相手からは見えません。つまり誰に送信しているのか分かりません。

従って、受信者相互にアドレスを知らせたくない場合は、「BCC」を使用しましょう。

意味は、「ToやCCの人には知らせませんが、ご覧ください。」です。

「Outlook Express」では、初期状態にBCCは表示されません。BCCを表示する手順は、下記をご参照下さい。

送信者名(自分自身)の登録手順

メニューから「表示」→「すべてのヘッダー(A)」をクリックします。

BCCが表示されます。

↑ PAGE TOP