ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. メール文書での注意点
  3. 1メールは1用件で書く

1メールは1用件で書く

1通のメールに用件が複数あると分かりにくくなります。1つのメールは用件一つを基本としましょう。

重要な用件が複数ある場合はメールを分けそれぞれ件名を変えて送るようにしましょう。その際、最初のメールには、「別件にて、改めてメールをお送りしますのでおろしくお願いします。」といった断りを入れておくと親切です。

複数の用件を伝える場合

1つのメールは用件一つが基本ではありますが、どうしても複数の用件がある場合には件名や本文に2つの用件を読んでもらえるように工夫しましょう。

1つのメールで複数の用件を伝える場合

■件名:安藤様の件・異業種交読会の資料
株式会社ABC商事
山川 雄太様

いつもご面倒をかけます。
用件は下記の2点です。ご確認ください。

---------------------------------------------------------
【用件1】
アルファ工業の安藤様の件よりお申し越しの件、確かに承りました。
当方としましても、鋭意努力しておりますので、
再来週の末、つまり8月3日までには、
回答させていただけると存じます。
安藤様様には、別途こちらからメールを差し上げますが、
山川様からもよろしくお伝えいただければ幸いです。
---------------------------------------------------------
【用件2】
来週の異業種交流会の講師、
山村孝雄氏に関する資料を、添付させていただきます。
なお、他の出席予定者にも、
こちらからそれぞれ同じものをお送りしておきます。
久しぶりにお会いするのを楽しみにしています。
---------------------------------------------------------
以上2件、どうぞよろしくお願いします。
      

↑ PAGE TOP