ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社内メール
  3. 結果をだせなかった部下をねぎらう

ねぎらい・気遣いの文例 ~結果をだせなかった部下をねぎらう~

少しでも相手の手間や時間をとったり、気を使わせてしまったときいは、ひとことねぎらいや感謝の気持ちを伝えるようにすると、やりとりが円滑になります。

ねぎらい・気遣いの文例一覧

結果をだせなかった部下をねぎらう

件名:○○社の件

お疲れ様です。山田です。

○○社の件、報告を受けました。
今回は受注できなかったとのこと、残念でしたね。

先方の担当者とのやりとりでは、好感触だったということもあり、
無念さを感じているかもしれません。

今回は、提案内容およびプレゼンテーションとも、
会田さんはできるだけのことをしてくれたと思っています。
先方にもいろいろとご都合やお考えがあるので、結果については仕方がありません。

今回の経験で、また多くのことを学んだと思います。
それをぜひ次に活かしてください。

================================
 総務部 山田 太郎
 内線    xxx
================================

↑ PAGE TOP