ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 新規取引の承諾

承諾の文例 ~新規取引の承諾~

承諾のメールは、相手の申し入れを受け入れる意思を表示するためのものです。まず最初に承諾の意思を伝え、不明点・疑問点があれば質問しましょう。承諾の意思を文書に残すことで、後のトラブルを防ぐこともあります。

ポイント

  • まずは新規取引の申込みに対してのお礼を述べ、承諾に至った経緯については簡潔に述べる
  • 今後の取引については前向きな姿勢を示し相手への信頼感を表現する

承諾のお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

承諾の文例一覧

新規取引の承諾(3)

新規取引の承諾(1)

件名:新規取引の件、謹んでお受けいたします。
○○○商事株式会社
代表取締役 坂井 俊英様

いつも大変お世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎です。

このたびは新規取引のお申し入れをいただき、
誠にありがとうございました。
弊社といたしましても、
貴社との取引は願ってもないことです。
謹んでお受けしたいと存じますので、
お知らせ申し上げます。

なお、お取引条件などの詳細につきましては、
近日中に部内で検討させていただく予定ですので、
その節にご相談させていただきたいと思います。

メールにて恐縮ではございますが、
今後とも末永くお付き合いくださいますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

新規取引の承諾(2)

件名:新規お取引承諾の件
○○○商事株式会社
販売部 坂井 俊英様

貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎と申します。

このたびは新規取引のお申し入れをいただき、厚くお礼申し上げます。

さっそく検討させていただきました結果、お取引の申し入れ、
ありがたくご承諾申し上げます。

貴社よりご提示いただいたお取引条件につきましては弊社として特別の
要望はございません。

今後の末長いお取引のため、弊社も最善を尽くす所存でおりますので、
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

メールにて恐縮ではございますが、まずはお申し入れの件、承諾の由、
ご報告申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

新規取引の承諾(3)

件名:新規取引依頼の件
○○○商事株式会社
販売部 坂井 俊英様

貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎と申します。

このたびは8月20日付け貴信にて新規取引のお申し入れをいただき、
誠にありがとうございます。喜んでご承諾申し上げます。

貴社よりお申し込みの取引条件については、支払い期限についてのみ
ご相談いたしたく存じます。
念のため、相談事項を含めた弊社の取引条件を添付しましたので、
ご検討ください。

詳細については、後日担当者を差し向けたいと存じますので、
その折にお願いいたします。

今後とも、末永くよろしくお願い申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP