1. ビジネスメールの書き方
  2. 社外メール
  3. 催促の文例

催促の文例(社外メール)

催促のメールは、約束をしたのに、それが果たされない時に相手の行動を自発的に促し取引関係の改善をはかるためのものです。納期や締め切りが遅れた時点で速やかに連絡するようにしましょう。また、相手が約束をしたのに果たされなかったとはいえ、丁寧な言葉で事実を伝え、怒りをぶつけないようにしましょう。

催促のお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

催促の文例一覧

  1. 【文例1】カタログ送付の催促(1)
  2. 【文例1】カタログ送付の催促(2)
  3. 【文例1】商品送付の催促
  4. 【文例1】見積書の催促(1)
  5. 【文例1】見積書の催促(2)
  6. 【文例1】見積書の返事の催促
  7. 【文例2】入金遅延に対する催促(1)
  8. 【文例2】入金遅延に対する催促(2)
  9. 【文例2】商品代金の催促(1)
  10. 【文例2】商品代金の催促(2)
  11. 【文例2】商品代金の催促(3)
  12. 【文例2】領収書送付の催促
  13. 【文例3】納期遅延の催促(1)
  14. 【文例3】納期遅延の催促(2)
  15. 【文例3】納期遅延の催促(3)
  16. 【文例3】納期遅延の催促(4)
  17. 【文例3】応募書類の返事がないことへの催促
  18. 【文例3】商品見本送付の催促
  19. 【文例4】原稿遅延を催促
  20. 【文例4】貸した資料が返却されないことへの催促(1)
  21. 【文例4】貸した資料が返却されないことへの催促(2)
  22. 【文例4】返品の催促
  23. 【文例4】出荷の催促
  24. 【文例4】メールの返信を催促

カタログ送付の催促(1)

件名:カタログ送付のお願い
○○○株式会社 営業部
北野益生様

株式会社山田商事、広報部の山田太郎でございます。

先日は、カタログと価格表の送付をご快諾くださいまして
誠にありがとうございます。

即日、発送してくださるとのことでしたが
本日現在、まだ到着しておりません。

当店といたしましては、12月末からの年末商戦に向けて、
まとまった数量の注文を考えております。

お忙しい中、お手数をおかけしますが、
早急にご送付いただければと存じます。

なお、このメールと行き違いで
ご発送ずみの際は、なにとぞご容赦ください。

以上
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 広報部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

カタログ送付の催促(2)

件名:カタログ送付の再度のお願い
○○○株式会社 営業部
北野益生様

平素はひとかたならぬご高配を賜り、まことにありがとうございます。
株式会社山田商事、購買部の山田太郎です。

貴社製品カタログがお願いした○月○日を過ぎて本日に至るまで、
届いておりません。

ご多忙のためのご失念かと存じますが、弊社といたしましても、
仕入れの予定が立たず苦慮している次第です。

まことに恐れ入りますが、至急製品カタログ3部を○月○日までに、
お送りくださるようお願い申し上げます。
何かご事情がございましたら、ご連絡いただきたく存じます。

取り急ぎ、ご連絡とお願いまで。

以上
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 購買部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

商品送付の催促

件名:「液晶テレビ KT-105B」について
○○○株式会社 営業部
高田 高次様

株式会社山田商事、営業部の山田太郎です。
日頃からお世話になっております。

さて、 9月10日付で発注いたしました
「液晶テレビ KT-105B」 30台ですが、
その後どのようになっておりますでしょうか?

納期をすでに1週間過ぎておりますが、
まだ商品が納入されておりません。
また、この件につきまして遅延のご連絡も
いただいておりません。

何かとご多忙かとは存じますが、
本日中に遅延のご事情と納品予定日を
ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

なお、本メールと行き違いでご発送いただいて
おります場合は、なにとぞご容赦ください。

取り急ぎ、連絡まで。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

見積書の催促(1)

件名:見積書について
○○○株式会社 営業部
北野益生様


お世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎でございます。
取り急ぎの連絡です。

8月10日に依頼した本棚のお見積書の件ですが、依頼から本日
まで10日が経過致しましたが、未だ届いていません。
弊社では、お取引先3社に見積りをお願いしております。
すでに、2社からのお見積書は受け取りました。
貴社からいただくお見積書と比較検討し、納期時期を急ぎ決めたい
と存じます。

つきましては、弊社の事情もご了解いただき、
早急にご手配くださいますよう重ねてお願い申し上げます。

このメールと行き違いにて拝受した場合は、
何とぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。

以上
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

見積書の催促(2)

件名:お見積書について
○○○株式会社 営業部
北野益生様


お世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎でございます。
取り急ぎの連絡です。

去る○○月○○日付にてご依頼申し上げました貴社製品の
お見積書に関しまして、本日の時点でお約束の日を○○日
経過しているにも関わらず、いまだ弊社に到着しておりません。

何か手違いによりご送付が遅れているのかもしれませんが、
当方といたしましても今後の発注について検討することができず、
大変困惑いたしております。

恐れ入りますが、ご確認の上、大至急ご送付くださいますよう
お願い申し上げます。
なお、本状行き違いの際はご容赦願います。

まずは書面を以てお知らせ申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

見積書の返事の催促

件名:お見積書についてのお尋ね
○○○株式会社 営業部
北野益生様


お世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎でございます。

さて、○月○日付けでご送付申し上げましたお見積書につきまして、
その後の経過などをお伺いしたく、ご連絡差し上げました。

社内でご検討いただいているかと存じますが、ご要望などございましたら、
ご遠慮なくお申し出ください。
弊社でも対応させていただきたいと存じます。

ご多用中恐れ入りますが、以上の内容につきまして、お知らせいただければ
幸いに存じます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------