ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社内メール
  3. 上司にごちそうになった際のお礼

お礼の文例 ~上司にごちそうになった際のお礼~

お礼のメールは、感謝の気持ちを伝えるためのものです。感謝の気持ちを伝えるには、相手に送信するタイミングが重要になります。当日遅くとも翌日中には、メールを送信するようにしましょう。また、お世話になった相手の厚情に対して、率直に感謝する気持ちをストレートに自分の言葉で伝えるようにしましょう。

ポイント

  • ごちそうになったお礼のメールは翌朝には送信する
  • ごちそうになったことに合わせ、相手の気遣いへの感謝の言葉を伝える

お礼のお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

お礼の文例一覧

上司にごちそうになった際のお礼(2)

上司にごちそうになった際のお礼(1)

件名:昨日はご馳走になりありがとうございました

お疲れ様です。営業部の山田です。

昨日は、ご馳走になりましてありがとうございました。
また、課長からたくさんの話を伺うことができ、とても勉強になりました。

正直なところ、今抱えている仕事が行き詰まっていまして、
課長にご相談したいと思ってはいましたが、なかなか言い出せずにおりました。

そんなときに課長と食事をご一緒する機会が持てたのは、大変ありがたいことでした。
遠慮もなく、たくさんの料理をいただき、お酒もかなり進んでしまいました。
相談に乗っていただいた上にご馳走になり、恐縮しています。

これからは、仕事でしっかり返していけるよう、頑張りたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。
================================
 営業部 山田 太郎
 内線    xxx
================================

上司にごちそうになった際のお礼(2)

件名:昨夜の会食の御礼
吉田部長

おはようございます。営業部の山田です。

昨夜は、中華料理をお腹いっぱいごちそうになり
ありがとうございました。

プレゼンに失敗し、落ち込んでいましたが
吉田部長に励ましていただき、
気力を取り戻すことができました。
気にとめてくださり、うれしく思っています。

今後は祝杯があげられるよう頑張りますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。
================================
 営業部 山田 太郎
 内線    xxx
================================

↑ PAGE TOP