ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 納品物への苦情

苦情の文例 ~納品物への苦情~

苦情の文例一覧

納品物への苦情(3)

納品物への苦情(1)

件名:「消費者動向調査」再調査のお願い
〇〇〇商事株式会社 リサーチ部
斉藤 誠一様

平素よりお世話になっております。
株式会社 山田商事、総務部の山田太郎です。

さて、先日納品いただいた「消費者動向調査」分析レポートを再検証して
いただきたくご連絡させていただきます。

レポート内容を確認したところ、何点か不備が見つかりました。
基礎的な部分でのミスが多く、データ自体の信頼性に疑問を持ちましたので、
早急な善処をお願いいたします。

まず、メインの動向分析にカテゴリーJの項目が含まれていませんでした。
また、小数点第2位までの表示にしていただきたいとお願いしたにも関わらず、
統一されていません。

調査の結論に影響すると思われ、見過ごしにはできない不備ですので、
全面的な再点検の上、再提出をお願いいたします。

来週火曜日の内部打ち合わせに必要になりますので、
早急にご対応をお願いいたします。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 総務部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

納品物への苦情(2)

件名:PC納品間違いについて正式回答をお願い致します
〇〇〇商事株式会社
営業部 部長
斉藤 誠一様

平素よりお世話になっております。
株式会社 山田商事、販売部の山田太郎です。

さて、このたびのPC納品間違いについては、弊社としては
大変遺憾に思っています。
取り急ぎメールで恐縮ですが、貴社のご対応を正式回答
いただきたく連絡いたしました。

【状況】
1.貴社の納品間違いによって新入社員用のPC10台が不足
2.飯田様より4/1の納品には間に合わないとの連絡あり
  ※GW明けに納品の可能性ありとのこと
3.今回のような納品間違いは過去にも頻発している

【弊社の希望】
1.4/1の入社に間に合わせたい
2.最悪でも4/10研修終了時、納品がタイムリミット

【今後の課題】
1.不足分10台の納期について正式回答をいただきたい
2.頻発する納品間違いについての防止策を提案いただきたい

貴社のご事情もあると存じますが、
弊社でも新入社員のPCが間に合わないという最悪の事態を
なんとか回避する策を切に希望しております。

誠意あるご対応、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 総務部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

納品物への苦情(3)

件名:○○の××のデザインについて
○○○株式会社
デザイン部 竹田様

いつもお世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎です。

○○プロジェクトに関して、タイトなスケジュールにも
かかわらずご協力いただき、感謝申し上げます。

本日は、伝えにくいことなのですが、
ひとつお願いがあり、メールを差し上げました。

現在、竹田さんにご担当いただいております、
○○の××のデザインですが、
これまでのようなデザインのキレがまったく見えず、
非常に困惑しております。○○プロジェクトになってから
明らかに波が見えるように感じています。

竹田さんのご経験を○○プロジェクトに存分に
展開していただきたいのです。弊社にとって、
本プロジェクトはもちろん、デザインに関しては、
貴社のサポートが欠かせません。

本来は直接口頭でお伝えしたかったのですが、
なかなかスケジュールが合わせられず、
このようなぶしつけなメールにて申し訳ございません。

経験豊富な竹田さんにはチームを引っ張って
いただきたいと期待しています。このプロジェクトの
目標をご理解の上、ぜひともよろしくお願いいたします
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP