ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 防火意識の低さへの苦情

苦情の文例 ~防火意識の低さへの苦情~

苦情の文例一覧

防火意識の低さへの苦情

件名:社員の皆様へのご指導のお願い
株式会社○○ 総務部
○○○○ 様

平素は格別のお引き立てを賜り、ありがとうございます。

さて、去る○月○日午後9時40分頃、御社ビル3階の喫煙所におきまして
灰皿中の吸殻がくすぶりだし、火災報知機がこれを感知して作動しました。
当直に当たっておりました警備員A、Bが現場の確認及び処置に当たり、
幸い火災には至りませんでしたが、その際以下のような問題が見つかりました。

1 警備員Aが灰皿の処置をした後、消火栓を止めようとポンプ室に
    向かったところ、入れ替えのために運び出された古い机やいすが
    ポンプ室前に山積みになっており、中に入れない状態になっておりました。
2 警備員Bが他の喫煙所、給湯室等を見回った際、各階の防火扉の前に
    ダンボール詰された書類、試供品などが積まれており、火災の際に
    防火扉が作動できないような状態で放置されているのを確認いたしました。

私どもも普段より社員の皆様に火気の取扱いにはご注意いただくとともに、
防火設備の前に物を積まないようお願いしてまいりましたが、
なかなか聞き入れていただけません。
そこで、○○様にお力添えをいただき、火災予防のために、再度各部署の皆様の
ご注意を喚起していただけないかと存じます。
誠に恐縮ですが、ご配意のほどよろしくお願い申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 総務部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP