ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 値引き要請の承諾

承諾の文例 ~値引き要請の承諾~

承諾のメールは、相手の申し入れを受け入れる意思を表示するためのものです。まず最初に承諾の意思を伝え、不明点・疑問点があれば質問しましょう。承諾の意思を文書に残すことで、後のトラブルを防ぐこともあります。

承諾のお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

承諾の文例一覧

値引き要請の承諾(3)

値引き要請の承諾(1)

件名:「プレミアムビール」のお値引きについて

平素から大変お世話になっております。
株式会社 山田商事、営業部の山田太郎です。

さて、4月3日にお申し出のありました
「プレミアムビール」の値引きの件、
承り、検討させていただきました。

正直申しまして、弊社といたしましては、
さらなる値引きは大きな負担となるもので
ございます。

しかし、ほかならぬ貴社よりの
やむを得ない事情も推察できますので、
値引きさせていただくことにいたしました。

なお、恐れ入りますが、弊社におきましても
今回の価格がぎりぎりの線でございます。
なにとぞお含みおきいただけると幸いです。
まずは、とり急ぎ承諾のお知らせまで。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

値引き要請の承諾(2)

件名:商品○○の値引きについて
○○○商事株式会社 販売部
小野田博之様

いつも大変お世話になっております。
株式会社 山田商事、営業部の山田太郎です。

このたびは弊社の商品○○をご注文いただき、ありがとうございました。

お申し込みの値引きにつきまして、社内で検討いたしました。
正直申しまして、これ以上の値引きは大きな負担となるものですが、
ほかならぬ小野田様からのお申し込みですので、お受けすることにいたします。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

値引き要請の承諾(3)

件名:商品○○○の価格について
○○○商事株式会社
販売部
小野田博之様

いつも大変お世話になっております。
株式会社 山田商事、営業部の山田太郎です。

このたびは見積もりにつきましてお返事を頂き、
誠にありがとうございました。

ご連絡いただきました見積金額からの値引きの件、
ご希望の価格にてお受けすることといたしました。

正直申しまして、見積金額からのさらなる値引きは、
私どもにとりましてはいささか厳しいものでございます。

しかし、他ならぬ小野田様からのご依頼でご事情も
察せられますので、関係各部署とも再検討し、
お受けすることにいたしました。

弊社といたしましてもできる限りの努力をいたしましたので、
なにとぞご理解の上、今後ともよろしくお願いいたします。

まずは取り急ぎお返事まで申し上げます
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP