ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 見積書の返事の催促

催促の文例 ~見積書の返事の催促~

催促のメールは、約束をしたのに、それが果たされない時に相手の行動を自発的に促し取引関係の改善をはかるためのものです。納期や締め切りが遅れた時点で速やかに連絡するようにしましょう。また、相手が約束をしたのに果たされなかったとはいえ、丁寧な言葉で事実を伝え、怒りをぶつけないようにしましょう。

ポイント

  • 謙虚な姿勢に徹し、厚かましいという印象をもたれないようにする
  • 先方が見積もりに関しての返事が遅れるにはそれなりの事情があるはずなので、そのことにも言及するとよい。

一般的な書き方

  1. 日頃の感謝の意を伝える
  2. 送付した見積もりについて、その後どうなったのかを尋ねる
  3. 要望があれば、それについて連絡をいただきたいと伝える
  4. 今後も変わらぬ交誼をお願いして締めくくる

催促のお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

催促の文例一覧

見積書の返事の催促

件名:お見積書についてのお尋ね
○○○株式会社 営業部
北野益生様


お世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎でございます。

さて、○月○日付けでご送付申し上げましたお見積書につきまして、
その後の経過などをお伺いしたく、ご連絡差し上げました。

社内でご検討いただいているかと存じますが、ご要望などございましたら、
ご遠慮なくお申し出ください。
弊社でも対応させていただきたいと存じます。

ご多用中恐れ入りますが、以上の内容につきまして、お知らせいただければ
幸いに存じます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP