ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 相手からの干渉をかわす

かわす・回避の文例 ~相手からの干渉をかわす~

過度の干渉をしてくる相手には・感情的にならず相手の存在を認めたうえで・相手を不快にしないようにかわし、黙って見守ってほしい旨をやんわりと伝えます。

また、一方的に相手の関与・干渉を拒むのではなく、相手の存在を認めたうえで「任せてください」「何かあったときには相談させてください」という気持ちを伝えると角が立ちません。

かわす・回避の文例一覧

  • 相手からの干渉をかわす

相手からの干渉をかわす

件名:○○の件へのご助言、ありがとうございます。
○○株式会社
佐藤様

お世話になります。
山田商事 制作部の鈴木です。

○○の件ではお気遣いいただきありがとうございます。
スタッフとも十分協議を重ね、
△△の制作も順調に進んでおりますので、
ご心配には及びません。

今後も万全を期し、
完成に向けて作業を進めてまいります。
制作に関しては、当方にご一任いただければと存じます・

それでは
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 制作部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP