ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 納期前倒しのお願い

交渉の文例 ~納期前倒しのお願い~

交渉のメールは、経緯や事情を具体的に説明し、要望をスムーズに通すためのものです。相手が納得してくれるような理由を挙げ、相手の理解を引き出すようにしましょう。また、一方的に要求を突きつけるのではなく、相手の意見や要望も聞き、お互いにとってよりよい解決点や妥協点を見つけるようにしましょう。

交渉の文例一覧

納期前倒しのお願い

件名:「9月10日」に納期前倒しのお願い
○○○商事株式会社 販売部
竹川四郎様

日頃より大変お世話になっております。
株式会社山田商事、購買部の山田太郎です。

さて、突然のお願いで恐縮ですが、
9月25(月)が納品予定日となっております
当社注文書No.1234の納期を2週間ほど早めて、
9月10日(月)までに納品していただくことは可能でしょうか。

理由は、この商品の販促のための
社内プレゼンが、急速、 9月12日(水)に
行われることに決まったからです。
このプレゼンの結果次第では、
大量注文の可能性も出てきます。

ご無理を承知でのお願いですが、
よろしくご配慮いただき、
納期を前倒ししていただけると幸いでございます。

前向きなお返事をお待ちしております。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社△△△ 購買部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒999-9999
大阪府○○市△△町99-9 9F
TEL:999-9999-9999(直通)  999-9999-9999 (代表)
FAX:999-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP