ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 請求書の金額に関する問い合わせ

照会(問合せ)の文例 ~請求書の金額に関する問い合わせ~

照会のメールは相手から回答を引き出し、今後の付き合いに発展させるためのものです。照会をお願いする理由を述べ、疑問・不明点などの照会内容・期限を明確に書くようにしましょう。また、相手に調べる手間をかけることになるので、お願いする姿勢が大切です。

ポイント

  • 問い合わせたい内容と簡単な経緯を、確認のため記載する。
  • 相手がまちがっているであろうことをとがめず、確認を促す。
  • 相手に手間をかけさせるため、ひと呂添える。

照会(問合せ)のお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

照会(問合せ)の文例一覧

請求書の金額に関する問い合わせ(2)

請求書の金額に関する問い合わせ(1)

件名:調査費のご請求について
○○○株式会社 販売部
仙道昭雄様

平素は格別のお引き立てを賜わり、厚くお礼を申し上げます。
山田商事 営業部の山田太郎です。

さて、本日、○月分貴請求書を確かにいただきました。
早速、弊社帳簿と照合したところ、
別紙の通り、○○○○○○が二重請求されております。

返却いたしますので、御社の帳簿と照らし合わせ、
ご確認いただき、至急ご訂正の上、再請求いただけますようお願い申し上げます。

なお、請求書の到着が○○日までであれば、
当月請求分としてお支払いいたしますので、
ご手配の程お願い申し上げます。

取り急ぎお願いのご連絡を差し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

請求書の金額に関する問い合わせ(2)

件名:請求書に関する問い合わせ
お世話になっております。
山田商事 営業部の山田太郎です。

本日、請求書を受け取りました。
いつも急な発注に対応してくださり、大変感謝しております。
さて、いただいた請求露に、不明な点がございましたので
ご連絡いたしました。

発注の際、設置費用は商品代とは別途必要である旨、
おうかがいしておりましたが、
本日届きました請求憲には、設實費用の記載がございまぜんでした。

弊社といたしましては、経理の都合上、お支払いは
1回で済ませたいと存じます。
お忙しいところ恐れ入りますが、
合計金額をご連絡くださいますようお願いいたします。
まずは、ご照会まで。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP