ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 一度こちらから依頼したことを断る

断りの文例 ~一度こちらから依頼したことを断る~

断りのメールは申し出や依頼、要望、要求などに対して、その意に添うことができない、辞退したい由を伝えるためのものです。まず申し出にひとまず感謝し、先方の要求に添えないことを詫び、引き続き相手との関係を継続したい由を伝えるようにしましょう。

ポイント

  • こちらかお願いしたことを断るというのは失礼なこと。一方的な都合で申し訳ないと丁寧に詫びる

断りのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

断りの文例一覧

一度こちらから依頼したことを断る

件名:新商品のキャンペーンについて
○○株式会社
企画部佐藤様

山田商事株式会社 営業部の山田です。
いつも大変お世話になっております。

新商品のキャンペーンの件で新しい企画を
お願いしておりましたが、弊社の都合でキャンペーンの実施が
厳しい状況になって参りました。

一度お願いしておきながら、はなはだ恐縮ではございますが、
このお話は白紙に戻していただけませんでしょうか。

勝手ばかりで大変申し訳ございません。
諸事情をお汲み取りいただき、どうかご了承をいただきたく、
よろしくお願い申し上げます。

後日、改めてこ説明に伺いたいと思っております。
メールにて恐縮ですが、取り急ぎご連絡申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP