ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

断りの文例 ~返金を断る~

断りのメールは申し出や依頼、要望、要求などに対して、その意に添うことができない、辞退したい由を伝えるためのものです。まず申し出にひとまず感謝し、先方の要求に添えないことを詫び、引き続き相手との関係を継続したい由を伝えるようにしましょう。

ポイント

  • 返金はできないが、交換なら応じられるということをはっきりと伝える
  • 「大変恐れ入りますが」「誠に申し訳ございませんが」といった言葉を使い、相手への気遣いを表現する
  • 「~できない」は「~いたしかねます」と表現する

断りのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

断りの文例一覧

返金を断る

件名:返金の件で、ご連絡申し上げます。
堀江さま

ブティック山田の店長の山田でございます。
いつもお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。

先日お買い上げいただいたワンピースの返金の件で、
ご連絡させていただきました。
大変恐れ入りますが、ただいまセール期間中のため、
返金はご容赦いただいております。

もし、他にお気に召した商品がございましたら、
お買い上げいただいたワンピースと交換させていただきます。

誠に申し訳ございませんが、
ご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

今後ともご愛顧を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。
------------------------------------------------------
ブティック山田
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP