ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 売り込みを断る

断りの文例 ~売り込みを断る~

断りのメールは申し出や依頼、要望、要求などに対して、その意に添うことができない、辞退したい由を伝えるためのものです。まず申し出にひとまず感謝し、先方の要求に添えないことを詫び、引き続き相手との関係を継続したい由を伝えるようにしましょう。

ポイント

  • 失礼のない丁寧な言葉を使いつつ、きっぱりと断る
  • 具体的な理由は書いたほうがよい場合と書かないほうがよい場合がある。
  • こちらがあまり興味のない商品の売り込みなどであれば、具体的な理由をあげて、きっぱり断る

断りのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

断りの文例一覧

売り込みを断る

件名:新型浄水器の件
株式会社○○
営業部 伊藤様

株式会社 山田商事 総務部の山田です。
いつもお世話になっております。

先日は新型浄水器のパンフレットをお送りいただき
ありがとうございました。
上司に相談しましたところ、新しい浄水器の設置は検討しておらず、
今後も購入の予定はないとのことでした。

なにとぞこ了解いただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 総務部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP