ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. メールの見落としに対するお詫び

お詫びの文例 ~メールの見落としに対するお詫び~

お詫びのメールは、相手の怒りをしずめ関係を改善するためのものです。問題が発生した場合は迅速に事実関係を調べ、こちらに落ち度があった場合は、素直に非を認め、謝罪し、対応策を説明しましょう。

ポイント

  • 詫びるだけでなく二度と同じミスをしない意思を伝える
  • ミスによって相手に与えた不安を、安心に変えるひと言を添えたい

お詫びのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

お詫びの文例一覧

メールの見落としに対するお詫び

件名:対応の遅れをお詫び申し上げます。
○○○株式会社 
商品仕入部
長谷川 修一様

お世話になります。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎です。

○月○日に送信いただいていたメールを確認しそびれ、
ご連絡が遅くなってしましました。
誠に申し訳ございません。

先ほど、手続きを行いましたので数日中にご請求の書類が
お手元に届くかと存じます。

このたびは対応が遅れ、ご迷惑をおかけしました。
今後はこのようなミスがないよう注意いたします。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP