ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 納品ミスのお詫び

お詫びの文例 ~納品ミスのお詫び~

お詫びのメールは、相手の怒りをしずめ関係を改善するためのものです。問題が発生した場合は迅速に事実関係を調べ、こちらに落ち度があった場合は、素直に非を認め、謝罪し、対応策を説明しましょう。

ポイント

  • ミスの原因を隠さず説明する。
  • いつ、どのように対応するのかを明記する。
  • 今後の対策、体制の見直しなどを具体的に書き、誠意を伝える。
  • 本来、メールや電話だけでの謝罪は失礼。必ず文末で詫びる。

お詫びのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

お詫びの文例一覧

納品ミスのお詫び

件名:LED電球の納品数置不足の件
いつもお世話になっております。
株式会社 山田商事 営業部の山田太郎です。

お閤い合わせいただきました件につきまして、ご連絡いたします。

出荷部門に確認いたしましたところ、倉庫に未出荷の梱包が残っておりました。
不足分の製品につきましては、井上が、明日○月○日午前○時までに、
必ず納品にうかがいます。

今後は、製品管理、チェック体制に万全を期し
二度とこのようなことのないよう、
気を引き締めて取り組んでまいりますので、
なにとぞ、ご容赦くださいますようお願いいたします。

まずは、メールにてお詫び申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP