ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. メールを誤送信したお詫び

お詫びの文例 ~メールを誤送信したお詫び~

お詫びのメールは、相手の怒りをしずめ関係を改善するためのものです。問題が発生した場合は迅速に事実関係を調べ、こちらに落ち度があった場合は、素直に非を認め、謝罪し、対応策を説明しましょう。

ポイント

  • 誤送信メールは間違いやトラブルのもとになるので、すぐに削除を依頼する
  • メールの誤送信は、情報漏えいや取引停止も招きかねない。メール送信時は確認を怠らないこと
  • 本来送るべき相手と間違えた相手の双方に対して謝罪の電話をかけるべきである。もし相手が不在だった場合にのみメールでお詫びする

お詫びの文例一覧

メールを誤送信したお詫び(5)

メールを誤送信したお詫び(1)

件名:誤送信のお詫び
株式会社シュリン
秋元浩二様

いつも大変お世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎でございます。
先ほど以下のメールを秋元様宛に
誤って送信してしまいました。
大変ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。

送信日時:2013/08/12 10:00
差出人:山田商事山田太郎
件名:9/10(火)商品紹介お打合せの件

恐れ入りますが、削除をお願いできますでしょうか。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

メールを誤送信したお詫び(2)

件名:メール誤送信のお詫び
○○○株式会社
竹田幸雄様

いつも大変お世話になっております。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎でございます。

すでにお気づきかと思いますが、昨晩、ヨネヤ百貨店様宛ての
メールを誤って竹田様へ送信してしまいました。
私の不注意による、メールアドレスの指定ミスが原因です。

ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
お手数ですが、件のメールは削除していただきたくお願い申し上げます。

今後はこのようなことがないよう、十分注意いたします。
心よりお詫び申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

メールを誤送信したお詫び(3)

件名:メール誤送信のお詫び
○○○株式会社 
吉田様

お世話になります。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎です。

先ほど、誤って下記件名のメールを吉田様のアドレスに
送信してしまいました。

送信日時:20XX/12/20 10:20
差出人:山田太郎 山田商事
件名:カタログサンプル送付のご連絡

恐れ入りますが、
上記のメールの削除をお願いいたします。

今後はこのようなことがないよう十分注意いたしますので、
どうかご容赦ください。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

メールを誤送信したお詫び(4)

件名:メール誤送信のお詫び
○○○株式会社 
吉田様

お世話になります。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎です。

先ほど、吉田様に送るべきメールを誤って
他社の方にお送りしてしまいました。
誠に申し訳ありません。

誤ってお送りした方にはメールを削除してもらうよう
お願いいたしました。

私の不手際により、ご迷惑をおかけしたことを
深くお詫び申し上げます。

後ほどあらためてお電話させていただきます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

メールを誤送信したお詫び(5)

件名:メール誤送信のお詫び
○○○株式会社
吉田様

お世話になります。
株式会社山田商事、営業部の山田太郎です。

先ほど、「○○プロジェクト」についての資料をお送りするはずが、
私の手違いで弊社の社内文書をお送りしてしまいました。
誠に申し訳ありません。

大変勝手なお願いで恐縮ですが、
お送りしたデータは社外秘となりますので、
メールを削除していただけますでしょうか。

今後はこのようなことがないよう、一層注意いたします。

またあらためて、上司の小野寺とともにお詫びに伺いたく存じます。
取り急ぎ、メールにて恐縮ですが、お詫び申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP