ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 面談の申込みの断り

断りの文例 ~面談の申込みの断り~

断りのメールは申し出や依頼、要望、要求などに対して、その意に添うことができない、辞退したい由を伝えるためのものです。まず申し出にひとまず感謝し、先方の要求に添えないことを詫び、引き続き相手との関係を継続したい由を伝えるようにしましょう。

断りのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

断りの文例一覧

面談の申込みの断り

件名:ご面談ご希望の件
○○○株式会社
総務部 吉田様

いつもお世話になっております。
山田商事の山田太郎でございます。

この度は、ご丁寧なメールをいただきまして、誠にありがとうございます。

さて、いただきました内容を拝読し検討いたしましたが、現在のところ、
面談のお時間をお取りすることはいたしかねます。申し訳ありませんが
ご了承ください。

ご提案は大変興味深いもので、弊社にご関心をお持ちくださったことも
ありがたく存じます。
しかしながら、ご提案は私共の業務内容とはいささか分野が異なるものと
思われ、ご協力は極めて難しいと考えます。

せっかくのお話をお断りするのは失礼ではございますが、よろしくご了承
のほどお願いいたします。

取り急ぎ、ご返事まで申し上げます。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 総務部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP