ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 追加注文への断り

断りの文例 ~追加注文への断り~

断りのメールは申し出や依頼、要望、要求などに対して、その意に添うことができない、辞退したい由を伝えるためのものです。まず申し出にひとまず感謝し、先方の要求に添えないことを詫び、引き続き相手との関係を継続したい由を伝えるようにしましょう。

断りのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

断りの文例一覧

追加注文への断り(2)

追加注文への断り(1)

件名:お詫び申し上げます
○○○株式会社 営業部
北野益生様

取り急ぎ、メールを差し上げます。
株式会社山田商事、広報部の山田太郎でございます。

追加注文についてのメールを拝受いたしました。
ご注文いただき、ありがとうございます。

現在、品切れで入庫の見込みがたっておりません。
せっかくのご注文ですが、ご要望に沿うことができませんこと、
深くお詫び申し上げます。

商品が入庫しましたら、ご連絡いたします。
その折に、改めてご注文をお伺いいたしますので、
何とぞ、お許しくださいますようにお願い申し上げます。

以上
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 広報部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

追加注文への断り(2)

件名:「○○」セットご注文の件について
○○○株式会社
営業部 横峯様

いつもお世話になっております。
株式会社山田商事、広報部の山田太郎と申します。

6月10日付けで「○○」セットをご注文いただき、ありがとうございます。

しかしながら、あいにく現在品切れとなっており、お得意様各位に
お待ちいただいているな状態です。

弊社ではフル稼働で生産にあたっておりますが、貴社の納期、数量には
お応えしかねるかと存じます。

当方の事情によりご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。
どうかこれに懲りることなく、今後ともご厚誼のほどお願い申し上げます。

取り急ぎ、お詫びかたがたご連絡いたします。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 広報部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP