ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. 新規取引に対する断り

断りの文例 ~新規取引に対する断り~

断りのメールは申し出や依頼、要望、要求などに対して、その意に添うことができない、辞退したい由を伝えるためのものです。まず申し出にひとまず感謝し、先方の要求に添えないことを詫び、引き続き相手との関係を継続したい由を伝えるようにしましょう。

ポイント

  • あいまいな表現は避け、ていねいに詫びを入れつつ断る
  • 依頼してもらったことへの感謝を述べる。
  • 現状を説明して、あくまでも、今回の条件では受注が難しいということを伝える。
  • 今後の取引につなげられるように、ひと言お詫びを添える。

断りのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

断りの文例一覧

新規取引に対する断り(4)

新規取引に対する断り(1)

件名:新規取引のお申し入れについて
○○○株式会社営業部
中村 裕子様

貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
株式会社山田商事、企画営業部の山田太郎と申します。

この度は、新規取引のお申込みをいただき、
誠にありがとうございます。

しかしながら、
せっかくのお申し出ではありますが、
貴社との新規お取引の件は
見送らせていただきたいと存じます。

と申しますのも、弊社の生産量では新規取引開始の
余裕がございません。

なにとぞ、事情ご賢察のうえ、
あしからずご了承くださいますよう
お願い申し上げます。

メールにて恐縮ですが、とり急ぎご返事まで。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 企画営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

新規取引に対する断り(2)

件名:新規取引のお申し入れの件について
○○○株式会社営業部
中村 裕子様

貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
株式会社山田商事 営業部の山田太郎と申します。

このたびは、弊社との新規取引のお申し込みをいただき、
まことにありがとうございます。

つきましては、お申し入れの件ですが、
残念ですが、今回はお受けすることはできません。申し訳ありません。

弊社では、現在のところ新しい製品を扱う予定がございません。
貴社とのお取引を開始するには、まだ弊社では力が及ばないというのが実情です。

なにとぞ事情ご高察のうえ、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

メールにて恐縮ですが、取り急ぎお詫びかたがたご返事まで。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 企画営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

新規取引に対する断り(3)

件名:取引お申し込みについて
○○○株式会社営業部
中村 裕子様

貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
株式会社山田商事 営業部の山田太郎と申します。

このたびは、新規お取引のお申し込みを賜り、誠にありがとうございます。

本日10日付貴信にてご紹介いただきました件、
弊社「○○○」は、お送りいたしました取引条件にて行っており、
大変恐縮でございますが、この件につきましては貴意に添いがたく、
今回はご辞退申し上げたく存じます。

なお「○○○」以外の弊社製品につきましては、ご便宜を図りたいとも
考えておりますので、よろしくお申し出くださいますようお願い申し上げます。

取り急ぎお返事申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 企画営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

新規取引に対する断り(4)

件名:貴社新商品○○生産受注の件
お世話になります。
山田商事の中村でございます。

新規のお取引のお申し込みをいただき、ありがとうございました。
○○様の熱意あるご説明に感動し、
弊社にとりましても、光栄で魅力的なお話なのですが、
現在の生産工場の稼働状況や人員では、ご希望の数鑑を
ご期待に添える品質でご提供することは、大変難しいところです。
そのため、このたびはお取引を見送らせていただきたく存じます。

今回は私どもの都合で、
貴社のこ期待に添えないことをお詫び申し上げます。
またの機会がございましたら、ぜひともよろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP