ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. パーティの誘いの断り

断りの文例 ~パーティの誘いの断り~

断りのメールは申し出や依頼、要望、要求などに対して、その意に添うことができない、辞退したい由を伝えるためのものです。まず申し出にひとまず感謝し、先方の要求に添えないことを詫び、引き続き相手との関係を継続したい由を伝えるようにしましょう。

ポイント

  • 行けない理由は、必ずしも具体的でなくてよい
    • 出張が入っており、参加することができません。
    • 動かせない仕事が入っており、どうしても参加することができません。
  • まずは、お招きの例を言うこと

断りのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

断りの文例一覧

パーティの誘いの断り

件名:4月10日秋パーティへのお誘い
○○○商事株式会社
総務部 吉田 幸一様

お世話になっております。
山田商事の山田太郎でございます。
このたびは、恒例の秋パーティにお誘いいただき、ありがとうございました。

大変楽しそうな会で参加したいのですが、あいにくこの日は出張中で、
出席できません。
みなさんにお会いしたかったのに、残念です。

次回はぜひ出席したいので、これに懲りずにお声掛けください。
みなさんにもよろしくお伝えくださいませ。

------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 総務部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP