ビジネスメールの書き方~文例(社内メール・社外メール・社交メール),フレーズ~

ビジネスメールの書き方

  1. トップページ
  2. 社外メール
  3. クレームへのお詫び(第一報としてのお詫び)

お詫びの文例 ~クレームへのお詫び(第一報としてのお詫び)~

お詫びのメールは、相手の怒りをしずめ関係を改善するためのものです。問題が発生した場合は迅速に事実関係を調べ、こちらに落ち度があった場合は、素直に非を認め、謝罪し、対応策を説明しましょう。

ポイント

  • この段階では、商品の欠陥が原因なのか、お客様の操作方法が問題なのかはわからない。しかし、商品によってお客様が不快な思いをしたことは事実なので、「不便をおかけした」ことを詫びる。
  • 「商品の欠陥」など、早急な結論は避ける
  • クレーム対応は面倒だが、お客様の生の声を聴ける絶好のチャンスである。連絡をもらったことにお礼を言う

お詫びのお決まりフレーズ・常套句・言い回しはこちら

お詫びの文例一覧

クレームへのお詫び(第一報としてのお詫び)

件名:商品「○○」について
佐藤様

株式会社 山田商事 営業部の山田と申します。
このたびは弊社製品「○○」をお買い上げいただき、
誠にありがとうございました。

「○○」がうまく作動しないとのこと、承りました。
大変こ不便をおかけして申し訳こざいませんでした。

どのような状態かもう少し詳しくお話を伺いたく、
また改めてこちらからお電話をさせていただきます。

お忙しいなか、ご連絡をいただきまして、
本当にありがとうこざいました。

取り急ぎ、メールにて恐縮ですがご連絡申し上げます。
------------------------------------------------------
株式会社 山田商事 営業部
山田 太郎(ヤマダ タロウ)
〒564-9999
大阪府○○市△△町11-9 2F
TEL:066-9999-9999(直通)  066-9999-9999 (代表)
FAX:066-9999-9999
------------------------------------------------------

↑ PAGE TOP